Call me Iqo.Pls!

月→土勤務の外資系風バリキャリ妻と結婚した夫。2012年度、2017年度と2回育休を取得。育児ブログです。

会いたかったブロガーさんにお会いしてきました。

はじめに。

レンタ@1歳の定期検査の為に有給申請せざるをえないとある平日。せっかくの平日休みを病院と家との往復で終わらせるのはもったいない。子どもがいなければやりたいことできることはたくさんあるが、子どもがいるからこそできることはあるはず。

そこでずっとお会いしたいと思っていたブロガーさんにお会いしてみようと決意。子連れならばどうとでもなるはず。赤ちゃんは正義。なけなしの勇気を振り絞ってお誘いし、オフ会もどきの楽しいランチ会をしてきた。

結果。いやー、実に楽しかった。久々の非日常感。おかげさまでとっても楽しいランチとなった。

お会いしたのはこの方達。

とろろ (id:tonarino_tororo_desu)さん

www.tonarinotororodesu.tokyo

知性溢れるブログでおなじみのとろろさん。ブログのそこかしこから溢れ出る知性。そしてブログ内に適宜挿入される手書きの図表の見やすさから滲み出る感性。とてもきれる人だなという印象。にも関わらず、惜しげもなく失敗話や失敗料理の写真も掲載しており、仕事ができるだけでなく余裕も見せる、懐の大きいサザエさんのような人だなと勝手にイメージしていた。それにご自身のブログだけでなく、私のブログ記事のマニアックで細かすぎるネタも欠かさず拾ってはつっこんでくださり、本当に懐の大きいサザエさん(優しいという意。褒め言葉です!)のような人だなと常々思っていた。いつか一度お会いしてその思考回路の一端でも覗けないものかと思っていた。いや、実際はそんな回りくどくなく、ただ単純にお話してみたいなと思っていました。

 

 ワーハハ(id:wa-haha)さん

wa-haha.hatenablog.com

ワーハハさんも楽しくブログを読ませてもらっているブロガーさん。ブログ内のお出かけ記事が私にとって懐かしい思い出先だったりすることも多く勝手に親近感を覚えていた。それになにより、お出かけ記事の内容がいつも楽しそうなので、私自身の思い出とも重なり読んでいて元気になる。ワーハハさんはとろろさん経由でお誘いいただいたのだが、もともと勝手に親近感を抱いていた方だったのでお会いできるのがとても楽しみであった。

 

きっかけはこの記事を読んで。

思い切ってお会いしてみようかと背中を押してくれたのは、毎朝読み応え抜群のハイスペックな記事を更新している梅つま子さんのこちらの記事を読んでから。

www.tsumako.com

この記事の中での「いいなー、うらやましいなー」と思わず声が出てしまうようなオフ会の楽しそうな様子に加えて記事中の

「何だ、この戦友感。」

というキラーワードに見事にやられた。

そうだよな、パパ友と馬鹿みたいに仲が良いのも保育園と闘い、妻と闘い、育児に闘っている戦友感なんだよな、と深く納得。

とろろさんもワーハハさんも現在は育休中だが仕事と育児を両立している人、きっと共有できる敵はたくさんいるはず。戦友として盛り上がることは間違いないだろう。うめつまさんのおかげで謎の勇気が湧いてきた。

それに手前みそな記事ではあるが、「会う・会わない」の判断は相手が決めること。うじうじ悩んでいても何も始まらない。「それはきいてみないとわからない。」って年長さんに教わったばかりじゃないか。 

www.iqo720.tokyo

そんなわけでとろろさんに思い切ってお声かけさせてもらうと快い(と信じている)お返事をいただくことができた。

楽しかったランチ会。

ランチ会場は御庭@新宿

三人とも長男の保育園お迎えがあるので時間はお昼。場所は集まりやすい新宿となった(というか私が提案するか悩んでいる間にとろろさんが私の居住地を推測した上で提案していただいた。やはりきれるお方です)。ならばとお店は私の大好きな御庭をセレクトさせていただいた。 

www.iqo720.tokyo

こちらは平日ならば入店時間に限らず14時半まで滞在可能なのでゆっくりできる。お座敷だから赤ちゃんも安心して寝かせられる。客数をコントロールしているのだろう、ブフェ形式だがブフェ台が大混雑することもない。落ち着いた店内でゆっくりと食事してコーヒーしてと、たまにのランチならば1500円も決して高くない。

ブログでつながる信頼感と安心感。

お二人とお会いするまでは久々に緊張感を味わった。ドキドキ半分、ワクワク半分。いつもの生活では味わえない緊張感。お二人がどんな人だろうかという不安はあったがブログをいつも読んでいるのでどことなく安心感はある。きっとこんな人なんだろうという思いと、確実にいい人に間違いはないんだろうなという確信。そして見事にその通りであった。

とろろさんは豪快なイメージが私の中で先行していたがそんなことはなく、やはりきれるお方。話題に合わせた適切な言葉で終始気持ち良くテンポ良く楽しく会話していただいた。しかも楽しい話題を適宜提供しては場を楽しくまわしてくれていたので、会食中は見事にとろろさんの手のひらで転がっていた気がする。

ワーハハさんは一言で表せば陽の人。カラカラとした笑顔でいつも明るく受け応えしていただきこちらも楽しく会話していただいた。とにかく明るく気持ちの良い人だった。

つまりお二人と楽しく気持ち良くあっけらかんとおしゃべりできたということ。

それに育児ブロガー同士の信頼感が半端ない。今回はブフェ形式のお店なのでお座敷席からブフェ台まで食事を取りに行く必要があったのだが、初見にも関わらず謎の信頼感で安心して子どもを置いて食事を取りに行ける。お二人のお子さんはまだ乳児なので心配されるかと思いきや、「赤ちゃん見てますよ。」と声かけすると「ありがとうございます。」と赤ちゃんを置いて食事を取りに行かれた。二人目の余裕なのか信頼感なのか。ほんの10分前に会ったばかりの人に赤ちゃんを預けてくれる信頼感。お互いにブログで内面に触れて信頼しているからなのかなとレンタ@1歳と一緒に赤ちゃんをあやしながら思っていた。

ただひたすら楽しい時間。

みんなの食事が揃い、ボクらの時代@新宿御庭がスタート。とろろさんがブログ内でご自身は「有働さんに似ていると言われる」とたびたび言及されていたが、巧みな言葉選びや場の回し方を受けて密かに納得していた。容姿や雰囲気ではなくこの優しい安定感は確かにそんな気がする。ちょうど最近のボクらの時代で有働さんが出演していたこともあったので、今いるこの場がまるで本当にボクらの時代かのようで内心ではニヤニヤしていた。とにかく楽しいなと。会食時の話題の中心はもちろん子どもの話。ブログを読んでいるとどうやらお二人はIT関連のお仕事だし今回はブログきっかけのご縁なので難しいIT話やブログ運営とは?みたいな話になるのかと内心ドキドキしていたが、そんな小難しい話がでるわけなかった。お互いのブログの話題を中心とした子ども話で終始楽しい時間。リアルだからこそ聞けるブログの答え合わせとなるような話も多く、ただひたすら楽しいだけの時間だった。親の楽しそうな様子に子ども達も満足していたのかどの子も大泣きすることも暴れることもなくそれぞれに楽しそうな様子。おかげで子どものことを気にすることなくゆったりゆっくりと食事をすることができた。
また、三人ともブログを読むのも好きであり、かつ愛読しているブログも共有できることが多かったので他のブログの話でも盛り上がった。関西の、東海の、都内のあの方のあのブログはここが面白いですよね、あのデザインが素敵ですよねといった話題で。テレビや本の話題を共有するあの感覚。当然ながらこちらもブログ論やらブログ批評やらなんてことにはまったくならずに、ただひたすらポジティブに盛り上がる。
次から次へと話題が出るので下を向いてもじもじすることもない。気まずい空気が流れることもない。ただひたすら楽しい時間であった。

おわりに。

オフ会のような場自体が初めてで、緊張しながらのお声かけであったが素敵なお二人のおかげでとても楽しい時間を過ごすことができた。保育園で挨拶だけの関係だった人がパパ友、ママ友になったような感覚。これが今話題の「ネットとリアルの融合」ってやつか (もはや死語だし、たぶん違う)。
今まで知らなかった誰かと楽しくご飯を食べて仲良くなり、リフレッシュできたので来週からの繁忙期も乗り越えて行けそうだ。

最後になりますが、とろろさん、ワーハハさん、この度はお付き合いいただきどうもありがとうございました。そして、背中を押してくれた梅つま子さんにも感謝です。誰かに何か行動を起こさせる文章を書ける人を本当に尊敬しています。