Call me Iqo.Pls!

月→土勤務の外資系風バリキャリ妻と結婚。2012年度、2017年度と2回育休を取得。育児ブログです。

仮面ライダーはただ走り去っていくのみ。ナツオ☆小一の決断と私の迷い。

はじめに。

仮面ライダーとの卒業を突然決断した息子と、突然の卒業宣言に戸惑う私のお話。
仮面ライダーエグゼイドの開始と共に入学した仮面ライダーの世界。エグゼイド、ビルドと続き、現在放送中のジオウまで続けて見てきた。最初は馬鹿にしていた仮面ライダーの世界。私の時代は仮面ライダー休閑期。昭和と平成の間世代。小学校時代に「仮面ライダーBLACK」と「仮面ライダーBLACK RX 」が続けて放送されていただけ。イケメン揃いの平成ライダーとは無縁だし、昭和ライダーは私の父親世代なので縁がない。そのためにそこまで仮面ライダーに思い入れはなかったものの、ナツオと一緒に見ているうちにそのストーリー性にどんどん惹きこまれていった。

 

決断の日は突然やってきた。

ゴールデンウィークが空けた頃に突然息子が「もう仮面ライダーは卒業したから」と言い出した。凄い決断である。我が家の日曜日は仮面ライダーの時間に合わせて朝のスケジュールが決まっている。9時には家族揃ってテレビの前に集まれるように逆算して起きて、着替えて、朝食食べて。さあ、放送開始だと思ったタイミングでの卒業宣言。そして「今日から鬼太郎見るんだ!」と言って現代風にリメイクされて話題のゲゲゲの鬼太郎を見始める。こちとら前回からの続きが気になってしかたがない。そわそわしてしまう。しかしナツオは全く気にすることなく、突然見始めた鬼太郎を頑張って見ている。仮面ライダーは定期録画しているので鬼太郎をリアルタイムで見終えたら仮面ライダーを見始めるのかと思ったがそんな気配はない。あげくの果てには「もう仮面ライダーの録画しなくていいよ。それに、録画していたやつも消しちゃっていいよ。」なんて言い出す始末。息子よ、お前はいつからそんな冷たい男になったんだ!ドライと言うべきか、過去に固執しないのを誉めるべきか。これって俗に言う恋愛における「上書き保存」と「フォルダ管理」の違いってやつか。私はフォルダ管理派だったのでいつまでもウジウジメソメソしていたものよ。

あんなにはまっていたのに。

突然の仮面ライダー卒業宣言に戸惑う私。ウジウジメソメソ派の本領発揮。なんだろう。息子との思い出が失われていくような感覚で寂しくなるのだろうか。 仮面ライダーにまつわる息子との思い出はつきない。

ライダーベルトのプレゼントにあんなに狂喜乱舞していたのに…。
www.iqo720.tokyo
 
ナツオ至上初めて購入したCDとしてこれからずっと語り継がれるものだったのに…。
www.iqo720.tokyo

他にも毎回鑑賞していた映画、最新技術を駆使した演出に度肝を抜かれて大興奮した仮面ライダーショー、ついついやってしまうガンバライジング、付録目当てで買ったテレビくんやテレビマガジンと思い出はつきない。ナツオはアンパンマンにも電車にも熱くならなかったのでナツオといったら仮面ライダーという思い出しかない。 そんな楽しかった思い出が…。

迷いが生じているのは私だけ。

メソメソオロオロしている私をよそにナツオはすっかり鬼太郎に夢中。ずいぶんとあっさりしてやがる。ナツオのようにきれいさっぱり別れられない未練たらたらの私は今でも録画している仮面ライダージオウを帰宅後の遅い時間に視聴し、今でもネットを駆使して仮面ライダー情報を追っている。だっておもしろいから。こうして子は見事に親離れをし、親は子離れができないままとなっていくのか。「仮面ライダーを卒業して本当にいいのか?ただの気まぐれでまたすぐに戻ってくるのではないか。」という迷いがまだ生じている。

 

おわりに。

しかし本当にあっさりと仮面ライダーを卒業した息子。いったい何があったのだろうか。ゴールデンウィーク明けという見事に中途半端なタイミング。仮面ライダージオウは夏の最終回に向けてこれからますますおもしろくなっていくタイミングだってのに。てっきり仮面ライダージオウは最後まで見てそれから卒業かなと思っていたのに。おおかた、ナツオの好き嫌いではなく、小学校のお友だちグループの影響だろう。しかし、ゴールデンウィーク明けという中途半端なタイミング。これはやはりあれだろうか。五月を境に平成から令和へ。平成ライダーが平成ライダーでなくなってしまった。まだ6歳ながらにして元号の区切りを意識し、仮面ライダーにそれを反映させるなんて。そんなわけで我が家の仮面ライダーは平成の終わりとともにそのまま駆け抜けていったのでした。

あんなに大好きだった仮面ライダーを卒業するという大きな決断をした息子。きっとその裏には自分の思いや友達関係を考慮した上での決断だったのだろう。卒業してからまもなく一ヶ月となるが今のところ未練はなさそう。その潔さ、あっぱれである。仮面ライダー卒業程度でオロオロしてしまう私が情けない。これから息子が出していく大小たくさんの決断に対してしっかりと応援できるようにしていかないと。ありがとう!仮面ライダー、最後にとても大切なことを教えてもらった。最後にする気はないけれど。

絶賛仮面ライダーロスの我が家。しかしあと二年もすればきっとレンタ@2歳が仮面ライダーを見始めるはず。その日を今から楽しみにしておこう。


#「迷い」と「決断」

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン〜りっすんブログコンテスト2019「迷い」と「決断」〜
Sponsored by イーアイデム