Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017年9月より二回目の育休中。育児ブログです。

2017クリスマスパーティーその3、日本のクリスマスには鍋が合う。

どれだけ仲良くやっているんだと我ながらツッコミたくなるが、12月23日にクリスマスパーティーをやっておきながら、12月24日も保育園仲間とクリスマスパーティー。1週間で3回もクリスマスパーティー。全員が全員同じメンバーではないものの、家族によっては1週間で3回も会っている。煩わしいと思うかもしれないが、みんな同じような共働き世帯。価値観が似ており居心地が良い。仲は良くても適度な距離感を保っている。深入りはしないので気楽。

 

今回のクリスマスパーティーはクリスマスという名目の鍋会。マンションのパーティールームを利用で気楽に鍋をする会。クリスマスらしいものは乾杯用のスパークリングワインくらい。ケーキすらない。鍋は日本が誇るべきご馳走だ。子どもには寄せ鍋、大人にはキムチ鍋を用意。やっぱり日本の冬は鍋だよなとしみじみする。スープが体に染み渡る。今回はみんな夫婦+子どもの家族参加だったのでとても賑やかで穏やか。奥さん方の前では無茶な飲み方もバカな話題もできない。しみじみとお鍋をつつきながら今年一年を振り返る。クリスマス会というよりかは忘年会だ。

 

たっぷりと11時から16時まで食べて飲んだので、片付け後はさぁ帰るだけかと思ったらここからが子ども達の時間。彼ら彼女らは食欲を満たして元気を持て余している。このエネルギーが有効活用できればタービンのひとつも回して発電してくれるんじゃないか。結局みんなで近所の公園へ。

寒空の中ひたすら走り回る子ども達。そしてそんな子ども達を震えながら見守っている大人達。平和である。子ども達は子ども同士キャッキャして大人達はなんだかんだで寒い中突っ立ってワイワイしている。

今日がクリスマスイブだなんてことを忘れてしまいそうなあまりにも日常な光景。しかしクリスマスイブだからこそ、これからも記憶に残ってくれそうな光景。

ナツオが5歳のクリスマスイブはイブだってのに鍋してみんなで公園行って寒かったなといつか振り返る日が来るのかもしれない。そう思うとクリスマスイブに鍋して公園で遊んだのは大正解じゃないのか。

楽しかった反動なのか年の瀬だからなのか無性にしみじみしてくる。頭の中にはクリスマスソングではなくTHE虎舞竜のロードが無限リピート。何でもないようなことが~。歳を取ると涙もろくなってしまっていけない。雨が夜更け過ぎに雪へと変わっていたら、全部雪のせいだ!なんて言い訳の一つもできたのに。