Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017年9月より二回目の育休中。育児ブログです。

ナツオ、めんぼう突っ込まれる。

品がなくてすみません。

タイトルそのまんま。

一日中ナツオの便意を待つも一向にその気配なし。

ただ、お腹が張っているようにも見えないし、

本人が苦しんでいるようでもない。

しかし、赤ちゃんの便秘関係のサイトで調べると、

5日間出てないとそろそろ動かないといけないらしい。

なので、今日はナツオの便意を待ちながら、

「その時」に備えての情報収集。

だが待てども待てども神が降臨することはないまま夜を迎えてしまう。

そして、友人が勧めてくれたサイトやヤフー知恵袋、等々でしっかりと予習した

「めんぼう浣腸」への挑戦を閣議決定

非常事態宣言を発動。

ただし、「やる」ということは決まったがやはり怖くて不安。

ついつい先延ばししたくなってしまう。

「ご飯食べたらでいいか?」

「いや、寝るときでいいか?」

「いやいや、明日の朝イチにしようか?」

そんな考えが堂々めぐりしていく中、

つけっぱなしのテレビの中からあのお言葉が。

「いつやるか?

 いまでしょう!」

ありがとう!先生。

嘘みたいなタイミングでの天啓。

そのままお風呂場へ直行。

前置きが長くなってしまったが、

いよいよ綿棒挿入。

ナツオが動かないように夫婦協力してのツープラトン攻撃。

ナツオを仰向けにして大股開きでしっかり固定。

そして、はがいじめされているナツオ目がけて、

サラダオイルたっぷりのめんぼうを発射。

禁断の世界をもてあそぶように

そのまま、めんぼうを時計周りにグルグル10回転。

頭の中では馳のジャイアントスイングの映像が流れている。

予定ではここから毒霧ばりに噴射されるはずだったのだが、

残念ながらほとんど効果なし。

粘り気のあるスライムくんが申し訳なさそうにこんにちはしたくらい。

恍惚の表情から目覚めたナツオはびっくりしたのかギャン泣き。

刺激は与えたのでこれからかも知れないが、

とりあえずは失敗か。

朝起きたらモリモリに期待しつつ、これからナツオの寝かしつけ。

結局、明日の朝イチでお医者さんに相談してきます。

(かかりつけの小児科が日曜も通常営業&ネット予約できるので)