Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017年9月より二回目の育休中。育児ブログです。

ナツオ、3ヶ月健診を受ける。

今日は3ヶ月健診の日。

池袋まで電車で一駅乗るか30分歩くか悩むが、

せっかくのいい天気。

のんびりお散歩することにする。

10分前に到着するが、すでにたくさんの赤ちゃんがお出迎え。

11番目の番号札を渡される。

時間までにぞくぞくと赤ちゃんがやってくるが、

意外とパパさんもいる。

自分含めて3人くらいだろうか。

それと同じくらいの割合でばーばもいる。

まだ3ヶ月の赤ちゃん、応援がいて困ることはないだろう。

逆に大変さが多少はわかりつつあるので、

ママさん一人で来ている皆さんを尊敬する。

今日の内容は、

保健師さんとの簡単な面談 → 身長、体重測定 → 

→ 小児科医による診察  →BCG

混んではいるが皆さんプロフェッショナル。

あれよあれよと流されていく。

ナツオの身長は62cm、体重は6,6kg と極めて順調。

育児ひろば等へ積極的に出かけて家族以外の人とも触れているからだろうか、

あれこれ触られてもぐずることなく極めておりこうさん。

診察も順調。

首も座っているし、股関節もばっちり。

そしていよいよ最後の難関、BCGへ。

BCG部屋からは絶叫の声が止まず、

ナツオよりも自分がびびっていたのだが、

さすがはナツオ。

他人の泣き声にも動じることなし。

いざBCG用のペタポン注射を前にしても余裕の表情。

「四連射に比べたら、左右の太ももにぶっ射されるのに比べたらこんなの屁でもないぜ。」

と、眼で語っている。

ペタポンが始まると、まだまだ赤子。

ちょびっとだけ泣き叫ぶ。

しかし、ものの20秒くらい。

終わったらもうケロッとしている。

そんな息子を見て成長をかみ締めるバカ親。

ぐっじょぶ!

さて、保健師さんたちに絶賛されたのは、

ナツオの我慢強さ意外にもう一つ。

前回ブログでも紹介した「ただいま、パパ育休中」バッジ。

診察や注射時には荷物を置いておくのだが、

その度に色々な人に見られていたみたい。

「こんなバッジがあるんですね~」

「わかりやすくていいですね~」

「育児を積極的に楽しんでいますね!」(←これは嬉しかった)

等々。

ご機嫌でナツオを抱えながらの徒歩帰宅。

今日も楽しくぐったり。