Call me Iqo.Pls!

月→土勤務の外資系風バリキャリ妻と結婚。2012年度、2017年度と2回育休を取得。育児ブログです。

2018パパ会プレゼンツのクリスマスパーティー。

はじめに。

クリスマスといったら恒例の保育園の仲良しパパ会プレゼンツによるクリスマスパーティー。いい夫、優しいパパなんて美談ではなく全ては1、2ヶ月に1度のパパ会の時に気持ちよく送り出してもらう為のイベントである。

もはや恒例行事となっているこのパーティー。今年もパパと子ども達だけで楽しくやらせていただいた。その間ママ達は何をしているか?ママはママで子どものことなど忘れて集まってのママ会。たまには子どもぬきでママ同士お酒を酌み交わしてもらいう。今年は地元のホテル内レストランでママ会とのこと。卒園を目の前にすると何でも許される。たまにはおしゃれな女子会をやっていただきたい。

今回は集まりに集まって子ども16人、パパさん8人。子どもとパパさんの数が合わないのは、パパ不参加で子どもだけ預けてママ会に参加する人も多いから。6歳ともなれば親がいなくても余裕で遊んでくれる。こちらも昔から知っている子ども達ばかりなので安心して預かれる。

 

↓昨年の様子↓

www.iqo720.tokyo

 

流しそうめんスライダーでパーティー。

昨年まではパパ友宅で行っていたのだが、もうね、申し訳ないくらいに子ども達が散らかすので今年はマンションのパーティールームを利用。16時から22時までとなかなかの長丁場。どれだけ盛り上がる気なんだろう。

買い出しや準備等、何から何までパパメインなのでいい意味で気楽。もうなんでも許される雰囲気。クリスマス感はゼロのメニュー構成。イオンで購入したのりまき、いなり寿司、サンドイッチとお菓子でメインはまさかの流しそうめん。


f:id:iqo720:20181226095706j:image

 

ピザも無い、チキンも無い、サラダもケーキすらも無い。クリスマス?何それ。ただひたすら炭水化物が並ぶ。白と茶色で彩られたいわゆるオトコメシ。見栄えを気にするような人は誰もいないからこそ許される。野菜らしい野菜はえだ豆だけだった気がする。

しかしこの流しそうめんが大当たり。立派な流しそうめんスライダーを使用したこともあり、とにかく大盛況。子ども達がもうひたすら大喜び。行列つくってはそうめんをパクパク。お友達がいれば何でもご馳走ですね。


f:id:iqo720:20181226095940j:image

写真を見て思い出してきたが本当にクリスマス感ゼロ。子ども達の格好もそうだし、パーティールーム内の飾りつけも一切なし。共働きの保育園児なんて、男主催のパーティーなんてこんなもんでしょ。インスタってナンスカです。

もうとにかくゆるいパーティー&あまりお金のことを気にしないパパ達ばかりなので、大人用の食事は調子にのってみた。家族では絶対にできないからってことで宅配寿司で3万円弱の桶を注文。子ども達がそうめんで喜んでいる間、パパ達は大トロ、うに、いくら、カニの極上寿司に舌鼓を打っていました。

サンタさん登場。

クリスマスといったらやっぱりサンタさん。ご飯を食べ終えてスナック菓子天国の最中に突然暗くなる室内。そしてベランダからやってきたのはサンタさん!もうみんな大興奮。子どもはかわいい。キャーキャーワーワー騒いで収拾がつかない。サンタさんからプレゼントのおもちゃ(予算500円程度のブロックやアクアビーズ)をもらって更に大興奮。最後はみんなで記念撮影してバイバイ。なんだかんだでみんな純粋でサンタの変装をはがそうとするような悪ガキはいなかった。サンタさんの退室後に窓の外を見上げて「あっ、サンタさんのソリだ!」「ほんとだ!今すごい速さで動いていた!」と叫ぶほど。こんな光景を楽しめるのもあと何年くらいだろうか。

f:id:iqo720:20181226095726j:image

ママさん達への配慮も忘れません。

21時を過ぎた頃にママ会を終えたママさん達が合流。みんなでお片付け大会。散らかり放題だった部屋がみるみるとキレイになっていく。と、突然またもや暗くなる室内。何事か?そしてサンタさんが再び降臨!子ども達はサンタさんの再登場に大興奮。よくわからずにあっけにとられるママさん達。ママさん達へのサプライズとしてバラの一輪挿しをプレゼント。たった一輪のバラだけれどもサプライズでお花をもらって喜んだり微笑んだりするママさん達。花の力は凄い!

ただし、残念ながら仕事の為にママ会に参加できなかった妻に、帰宅後にバラの一輪挿しを渡すと「疲れているからプリンとかの甘いモノの方が良かったな」と手厳しい一言。花より団子というか、相変わらずの超現実主義というか…。純粋な心を失うとサンタさんは見えなくなってしまうのね。

おわりに。

準備から片付けまで含めて6時間ものクリスマスパーティーは無事成功。気楽な男衆の集まり、仲良しのパパさん達ばかりなので適当に楽しくできた。上下関係がないから学生時代みたいなノリでアラフォーになっても安心してふざけられる。私が最年少なので本来ならば一番動かなくてはいけないんだが、このメンバーだと本当に気楽でただただ楽しめる。

これだけ楽しんだクリスマスパーティーだが、あくまでも全てはパパ飲みのため。子ども達やママさん達の笑顔は結果であって目的ではない。2019年もパパ飲みの日は快く送り出してもらう、その一点のためだけにパパさん達が一致団結。各家庭ともに許可がおりないとなかなか飲みにいけない。みんなで企画、手配をしてママさん達へ奉仕を行う。まるでサザエさんのお話のよう。波平のようになれないマスオはノリスケさん、アナゴさんと力を合わせるしかないんです。