Call me Iqo.Pls!

月→土勤務の外資系風バリキャリ妻と結婚した夫。2012年度、2017年度と2回育休を取得。育児ブログです。

結果報告。育休中のコツコツダイエットで体重12kg減となりました。

育休終了が目前となってきたのでしばらくは育休総括のような記事を投稿。

 

今回はダイエットについて。育休中のダイエットについては前回にがっつりと書いた。

 

www.iqo720.tokyo

 

上記の記事は2月時点でのお話。つまり、9月→1月までの結果報告。あれから更に3ヶ月。結局どうなったのか。果たしてリバウンド王に目覚めてしまったのか。そんな育休中ダイエット総括である。

 

まずは結果報告。

育休開始日(2017.9.1) → 終了日(2018.4.30)直前の今日

体重     67.6kg → 55.5kg(12.1kg

体脂肪    24.3% → 16.9%(7.4pt) 

ウェスト 84cm  → 73cm(11cm

 

ライザップもびっくりの結果となった。こんなことならばダイエット前に暗めの表情で写真を撮っておくんだった。そうすればパワポでダイエット前、ダイエット後のスライド作って遊べたのに…。

 

ちまちまと記録し続けている体重推移はこんな感じ。
f:id:iqo720:20180425120435j:image

当初は60kgを目標としていたので、それまではかなりストイックにしていた。それでも、食事抜きやご飯抜きといったことはせず、昼ご飯だけお米を半分にしたり、揚げ物やお菓子は極力食べないといった程度。ゆるくはないが極端でもない。まともな運動は週一回の柔術くらいで、たまに地域の体育館でエアロバイクをこぐくらい。ただし、レンタ@1歳をバーベル代わりにして、一回10分程度、週三回のペースで筋トレはしてきた。子どもをあやしながらだと心も体も息子も満たされる。一石三鳥。

 

ストイックな生活とはもう無縁となってきたものの、こんな生活がもう完全に習慣化されている。お菓子や揚げ物は食べたいと思わなくなってきたし、ごく少量で満足できるようになった。そして真面目症な私。まずは正しい知識だ!と雑誌Tarzanやライザップ本をとにかく読み漁ってダイエットに関する知識を蓄積していった。おかげで飲みにいっても選ぶメニューは低脂質、低糖質で高タンパク質な食事ばかり。ある程度の栄養素が頭に入ってきたのでメニューを見てそれらを組み合わせながら楽しんでいる。まるで立体パズル。それでも楽しくなければお酒ではない。常に目指すは、話題も食事も低ストレス・高満足な酒の席である。

 

体重や体格が結果として目に見えるのは嬉しい。明らかに体が変わってくるのを実感すると不思議な自信が生まれてくる。そして気分も高揚してくる。地域の体育館のジムで利用するだけなのに無駄に高機能やオシャレなシャツを購入してしまった。周りはおじいさん、おばあさんばかりということもあり、今まではどうでもいいシャツだったのに。何だろう。この変な自意識は。

 

その一方で体格変更により困ったことも。肩幅があるので上半身に変化ないものの、ウエスト激減によりズボンがぶかぶか。昨年のゴールデンウイークに合わせて購入したズボンがちょうど一年でこぶし二つ分もぶかぶかに。私服はなんとかなるが困ったのがスーツ。安価ではあるが全てイージーオーダースーツで揃えているため、体型が変化するともうみっともないにもほどがある。肩幅と丈以外はぶかぶか。ジャストサイズの弊害がこんなところに。みっともなくてさすがに着られないし、かといって全部買い替えるのは財布が苦しい。復職に向けてクローゼットを整理しながら悩んでいた。するとそんな私に地獄から仏がやってきた。クローゼットの端っこにあるスーツが光って見える。父のスーツを残してあったのだ。私とほぼ同じ身長なものの痩せ気味だった父。そういえば倒れる直前の体重はほぼ同じだった。遺品ということと仕事柄いいスーツを着ていたので、受け取った当時は体型が合わなくても捨てるに捨てられず保管していた。まさに地獄に仏。試しに着てみると違和感なし。あれだけパッツンパッツンだったお腹周りもジャストサイズ。親父のスーツ、イクオ、ベストマッチ!父よありがとう。たくさんのトラブルを残して逝ったが、ちゃんとまともなものも遺してくれた。これはきっと「イクオよ。お前もこのスーツが似合うような体型になれ。」というダイイングメッセージだとポジティブに受け止めておく。スーツ問題は無事に解決したがせっかくの肉体改造成功。記念の意味も込めて一着は作り直した。この体型を維持していくという意志を込めて。受け取りはまだまだ先だがそれまでリバウンドしないようにしないと。

 

ナツオ@5歳児の時の育休中は8ヶ月で5kg弱も太ってしまった。今回は前回の反省と柔術を始めたということで増量どころか大幅減量。ここまでいくと肉体改造と言ってもいいレベルだと自負している。今回の肉体改造で得たもの、失ったものとしては…。

 

得たもの

・努力は実るという自信

・継続は力なりという信念

・父の遺志?

・ダイエットに関する知識

 

失ったもの

・体重と体脂肪

・スーツ数着

 

結果が出たことでしばらくは何事にも頑張れそうな気がしてきた。コツコツ頑張れば結果が出るということがよくわかったのだから。これからの目標としては、体重は維持しつつ体脂肪を減らしていきたい。せっかくなので柔術の試合にも出たいし、そうなると柔術着込みで56.5kg以下の階級が有利となってくる。復職したらストレスが待っているものの、通勤でのウォーキング+7階のオフィスまでの階段往復、管理された社食メニューをうまく利用すればなんとかなる気がしてきた。コツコツ努力を忘れずに維持していきたい。でもお酒は全力で楽しく飲む!