Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017年9月より二回目の育休中。育児ブログです。

レンタ@1歳の慣らし保育。

皆様の慣らし保育に関するブログ記事を拝読しているとそれぞれの地域や園によって違うのがおもしろい。慣らし保育って当事者にとっては熱い話題なのに当事者以外はその単語すら知らないのがもどかしくもある。慣らし保育をテーマにしたドラマをどこかつくってくれないかな。ニッチで盛り上がること確実なのに。

「流しの慣らし保育士 奈良枝 太郎」決め台詞は「貴方のお子さん慣らしてみせましょう、保育園に。俺に慣らせられない赤ん坊はいねぇ」。主演はTOKIOの松岡氏でどうでしょうか。

 

そんな慣らし保育だが、レンタ@1歳の今週のスケジュールはこんな感じ。

火曜日 入園式

水曜日 9時~11時 親が給食を与えて退園

木曜日 同上

金曜日 欠席

二人目の余裕で慣らし保育ってそいうもんだと思っていたので時間の短さに焦りはなし。親の復職スケジュールによっては二日目から昼過ぎお迎えの子どももいたが私は復職までまだ余裕があるのでゆっくりコースとなっているもよう。

レンタの部屋はナツオ@5歳も当時通った部屋なのでもう全てが懐かしい。当時は区の方針で布オムツ着用。その為に登園したらまずは紙オムツから布オムツへ交換という作業が発生。しかしオムツ台は一つのみ。当然ボトルネックとなる。お互いに譲り合うものの毎朝ここで大渋滞が発生していた。保護者の中にトヨタ社員がいればなんてことを考えたくなるレベル。しかし方針が変わったのか布オムツリース会社のロビー活動が弱まったのか今は紙オムツ。登園前に家で新しいのに交換していけばよいのでだいぶスムーズになった。

 

ナツオの時は保育園に預ける時にあった罪悪感は皆無。レンタは保育士さんに預けたとたんに大泣きしてしまうが、振り返ることもなし。「じゃあな、強くなれよ!」と呟いて去っていく。ナツオの時は泣き声や嫌がる姿に心を痛めたもの。あの時は私も若かった。情に棹させば流されるだけだってのに。

 

レンタを預けて次のお迎えまでのインターバルは90分強。何をやるか。家に戻るのはつまらない。どうせ昼には帰宅しているのだから。そのまま保育園に隣接されている区の体育館へ直行。ここならば急な呼び出しを受けても2分でお迎えに行ける。近くの喫茶店でモーニング楽しみながら読書でもと考えたが、今の私はカロリーを取得することよりも消費することの方に興味がある。迷わずジムへ。地域のおじいちゃん、おばあちゃんに混ざって黙々と有酸素運動。東京タワーもスカイツリーも神宮外苑も何も見下ろせない、地下にある普通のトレーニングルームだが気分はヒルズ族。今日も朝から最高だ。たっぷりと汗をかいてシャワーを浴びたらお迎えへ。他のママさんに混ざってひとりシャワー浴びてすっきりしたおっさんがひとり。慣らし保育なめてんのかと怒られたら謝るしかない。そもそも慣らし保育に参加している男性が私だけなのでみんな「この人いったいなんなの?」って思っているのだろう。

 

部屋に行くと保育士さんにおんぶされて寝ているレンタ。早生まれということで体が小さく周りの子どもとは一緒に遊べず。横に座って一緒に給食を食べさせるも環境が違うからかなかなか食欲が進まない。一番最初に食べ始めるも一番最後に食べ終わる。他のお友だちはコップを上手に持ち出しているがレンタはまだまだ。ぶくぶくと遊んでしまうレベル。みんながヨチヨチ歩いている中ひとりだけハイハイだし。入園すると意識せずとも他の子と比較してしまう状況なのでナツオの時だったらちょっと凹んでしまっていたかもしれないが、ここでも二人目の余裕。成長はそれぞれという当たり前のことをナツオを通して学んできたので動じることはなし。レンタのペースに合わせて食事をし、レンタのペースで遊ばせる。

 

そんな絶賛慣らし保育中のレンタだがさっそく保育園の洗礼を浴びる。入園三日目、慣らし保育二日目にして夜に発熱。慣れない環境でストレスもあるだろうし、保育園には園児の数だけウィルスもある。食欲も元気もあるが39℃の高熱。金曜日の朝も38℃。さすがにお休み。慣らし保育は三日と続かず。まぁそんなもんだよな。これまた二人目の余裕。レンタの時は自分の復職のことばかり考えてしまい焦ってしまっていた。慣らし保育が完了せずに復職が遅れたらどうしよう、職場に迷惑がかかってしまうと。しかしそんなことで会社が潰れるようなことはないし、世の中はお互い様でまわっている。これから先、発熱等による呼び出しは日常茶飯事になってしまうわけだし、今から焦ってもしかたがない。恐らく今回で最後となるであろう慣らし保育なのだから子どものペースに合わせてゆったりとつきあっていきたい。人に笑顔を、心に余裕を。

 

そんなわけで元気ではあるが安静中のレンタがいるので天気が良くても公園にすら行けない。妻は仕事でいないし、洗濯物はたまるし、部屋は汚れていくし…。余裕がなくなってきた私は今日もナツオの子守りをアマゾンTVにお願いしています。