Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017.09.01より二回目の育休取得中。育児ブログです。

保育園に入園できるか悩んだらまずは役所へ。

レンタ@8ヶ月の冬入園という奇跡は起きず、大激戦の1歳児入園の選考に進むことになった我が家。

www.iqo720.tokyo

 もうなりふり構っていられない。募集締め切りの12月までまだ日はあるができることは全てやらなくてはと思って妻の休日に合わせて夫婦で役所へ行き入園の相談をしてきた。

 

結論。餅はやっぱり餅屋。なぜもっと早く行かなかったのかと悔みたくなるくらいに親切丁寧であった。民間で働くサラリーマンとしては役所は税金を徴収されるにっくき場所。お上になんて頭下げられるかとミジンコなみに小さいプライドなど早く捨てて最初から役所へ行くべきだったのである。

そもそもとして、保育園の応募要項ってわかりにくくないですか?内容が詰まりすぎて結局どこを見ればいいのか、何をすればいいのがわからない。文句言ってきた人に対して「ここにちゃんと書いてあるでしょ!」と指摘する為だけに存在しているとしか思えないくらいの細かさ、わかりにくさ。ユーザーフレンドリーって言葉知らないんでしょうか。 企業の契約書じゃないんだから。アスタリスクによる補足が多すぎるんだよ。

そんなわけなので勝手に敵対心を持って窓口へ行くがあまりの対応の良さに最後はニコニコしながら帰宅。助けを求めれば誰だって本当は優しいのである。組織の前に個人なのである。みんな待機児童を解消したいのだ。

 

まずは冬入園の落選理由について確認。あっさりと教えてくれた。負けに不思議の負けなしと言うがまさにその通り。負けるべくして負けたのである。単純に他の応募者よりも点数が低かっただけなのだが、どうすれば点数が上がったのかまで詳しく教えてくれた。そして指摘された項目を満たしていれば、対象者よりも点数があがっていたので恐らく入園できていたのではないかとまで。これは悔やまれる。同点時は優先項目の内容によるので何とも言えないものの、少なくとも同じ土俵まであがることはできていた。応募要項を読み込むあまりギリギリの提出となったが、レンタの首がすわったタイミングでさっと読みこみ、すぐに相談すべきであった。迷わず行けよ行けばわかるさとは、このことだった。

しかし、保活の本番はここから。やっとオープン戦終了の段階である。平成30年度入園の開幕に向けてできることはたくさんある。現状をもとにどうすれば点数が上がるのか、下がらないのかについてこと細かく教えてもらった。待機児童問題とは無縁の方にはピンと来ないかもしれないが、やっぱり保育園問題は大変である。1点でも多く加点する為に、現実的に離婚、別居、引っ越しを真剣に考えていたほど。もちろん保育園入園までの一時的なものであるが。何もそこまでと思われるが、これが今そこにある危機なのである。

窓口で色々と相談していると別居や引っ越しは不要であるということがわかって一安心。形だけとは言え愛する息子達とまだ一緒にいられる。必要経費とは言え不必要なアパート契約も必要ない。

公表されている昨年度の点数を基に試算すると選ばなければ何とかなりそうな気がしてきた。マンション開発等による地区内の大幅な人口増加もなさそう。ただし、それでもナツオと同じ保育園に行けるかどうかは半々。知っている限りでもきょうだいの入園予定者が4人もおり、きょうだい加点を加味した同点でのプレーオフとなりそうな予感。幸いにもナツオ@5歳時の時よりもはるかに保育園数が増加しているので、どこかしらには入れる可能性は高い。それが判明しただけでも来た甲斐があったというもの。

変数項目が減ったので保育園戦略もだいぶ変わってきた。人口増減は無視して純粋に各保育園の募集人数及び昨年度までの点数推移、それと通勤経路及びナツオの通う保育園からの距離で決められそう。もちろん第6希望までは決める必要がある。第一回選択希望保育園から第六回選択希望保育園まで、さながらドラフト会議のよう。

 

個人的には保活中の人、特に初めての保活人は有給とってでも夫婦で役所へ行くべきだと感じた。行くだけでだいぶもやもやが晴れる。思わぬ加点、減点が判明する。これを一人で行き、一人で抱えるのはちょっと酷だと思う。単純そうでそれくらいに奥が深い世界。制度を恨んでも人を恨んでも何も始まらない。マツコあたりが「あなたの知らない保育園の世界」をとりあげてもらわないかぎりは何も変わらない気がする。当たり前だが迷ったらまずは聞くことの大切さを実感。これからは給与明細で住民税の項目を見ても納得できそうである。

窓口の方曰く、我が地域は12月上旬の募集締め切りなので11月後半からは混み始めてしまうので、ひとりひとりに余裕をもって対応できるのは11月中旬までとのこと。保活に少しでも悩んだら迷わず行けよ、行けばわかるさ!ありがとー。