Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017年9月より二回目の育休中。育児ブログです。

イクオの一日。【2人目生後4ヶ月編】

明日でレンタは早くも生後4ヶ月。

いかんせん、まだまだ赤子過ぎて話し相手は無論、遊び相手にもならないのでどうしてもナツオ@4歳とばかり過ごしてしまう。

もう少し2人目にも関心を持たなくてはと反省ばかりの毎日。

ここで毎月の記録用に一日の生活を記しておく。

 

【6:30~7:00】

レンタのおっぱいを求める声で起きる。

しかし、おっぱいを求めなければ7時過ぎまで眠れる。

相変わらず妻がリビング、私とナツオ、レンタの男闘呼組が仲良く寝室で川の字スタイル。

トルシエがいない今、私がフラット3を継承していく。

レンタがおっぱいを求めて泣きだしたらリビングで授乳。

そして授乳を終えたらまた寝室にレンタを置いて妻はリビングで就寝というのがプロフェショナルな妻の流儀。

3時間置きからだんだんと間隔が延びてきたので、夫婦の睡眠時間もだんだんと延びてきた。

実にありがたい。

  

【7:10】

ナツオを起こす。

相変わらずレンタ大好きのナツオ。

朝の挨拶として抱きつくのでレンタも強制的に起こされる。

2人を離し、ナツオの朝のお支度をさせていく。

 

  【8:00】

出社。

 

  【8:40】

会社に到着。準備をして仕事開始。

妻はナツオを保育園へ送っていく。

小さい子大好きの保育園児達なので毎朝クラスのお友達にレンタが囲まれているそう。

0歳から6歳まで交流がある保育園のありがたみを感じる。

 

【19:00】

帰宅。

ようやく繁忙期終了。

しかも今月から育休へ向けての引き継ぎモード。

マニュアル作成が主になりつつあり、手持ちの仕事はどんどん減っていく。

先月までのギャップが激しく、「戻ってくる場所は用意されていないのでは?」と思ってしまうくらい。

来月は第1四半期決算なのでまた忙しくなりそう。

給付金の算定基準を上げるためにもしっかりと働かなくては。

   

【20:30】

妻がレンタを連れて寝室へ。

授乳させながら寝かしつけて行く。

その間に私とナツオはテレビ観賞。

AmazonTVに無我夢中のナツオ。

最近のお気に入りは「忍者ハットリくん」と「ウルトラB」。

藤子不二雄作品の偉大さには驚く。

まさか再び「ウルトラB」を見る日が来るなんて。

しかも自分の子どもと。

2人で、「び、び、び、うっとらびー」とやりあっては、妻に「レンタが起きちゃうでしょ!」と怒られる毎日。

我が家は今夜も平和です。

 

【21:00】

ナツオと一緒に就寝。

毎晩ナツオが主人公の空想物語をねだられる。

ナツオがお友達と遊びに行くとショッカーやバグスター(仮面ライダーエグゼイドの雑魚敵)が出現、ナツオが各種ライダーに変身して皆を助けると言うお話。

毎晩毎晩シチュエーションを変えたり、変身するライダーを変えなくてはならないので地味に大変。

おかげで想像力が豊かになってきた、気がする。

  

【1:00~2:00頃】

左から聞こえてくるレンタのおっぱいを求める声に起こされる。

レンタを抱えて妻のいるリビングへ。

余裕があれば授乳しながら妻と会話。

しかし、眠いのでレンタを預けてまた布団へ戻ることの方が多い。

 

 

やっぱりレンタとは触れあっていない毎日。

抱っこするたびに重くなっていくレンタに驚いてしまう。

いつの間にか笑うようになってきたし。

ナツオがレンタくらいの時は育休真っ最中でがっつり育児していた。

妻がバリバリ働いていたので、妻を見送ってからはレンタと2人きり。

冷凍母乳を湯煎しては飲ませ、自分自身のリズムづくりの為に赤ちゃん広場に出かけて日経新聞広げていた。

毎日毎日4ヶ月の赤ちゃんを抱えて日経新聞を広げていたものだから、スタッフやママさん達には余計な心配をかけていたもの。

それももう遠い昔のよう。

がっつりと育児していただけにナツオのことはなんでもわかっているつもりだが、レンタとは接する時間が短いだけになんとなく親戚の子どものような距離感。

身内だけど身内じゃないような。

形から入る私なので育休取っていてよかったと改めて認識。

強制的に向き合わなかったらナツオに対してもどこか冷めていた自分がいそうで恐ろしい。

 

「イクオ、育休取るってよ。シーズン2」まで、いよいよ2カ月弱。

しっかりと仕事を引き継いで、がっつりとレンタに向き合っていきたい。

まずは株主総会、第1四半期決算を無事に乗り越えないと。