Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017.09.01より二回目の育休取得中。育児ブログです。

2人目誕生って難しいのガイドライン。

おかげさまで無事に2人目が誕生。

昨日のブログを書き終わるタイミングで産まれてきてくれたので、見事にバレンタインベビーとなった。

無事に誕生もしたことだし、夜にお酒でも飲みながらブログ書こうと思っていたものの、関係各所へのご連絡、ナツオのお迎え、たまっていた洗濯、入浴等をこなして寝かしつけているうちに一緒に就寝。

たまっていた疲れが一気に出てきた模様。

 

2人目誕生の感動を記事に残そうと思っていたのだが、つらつらと書いていくとそれだけでとんでもない長編物語となってしまいそう。

指示待ち人間は困ったときこそマニュアルに頼るべし。

そこで、私が大好きな伝説のコピペ「○○って難しいのガイドライン」をテンプレートにして出産の記録を残します。

 

 

 

「2人目誕生って難しいのガイドライン

 

昨日2人目が産まれたんですよ。初めてね。

で、生まれて初めて2人目の我が子と対面したんですよ。

正直最初はそんなの簡単だと思っていたのよ。

ナツオで一回体験しているからさ。

 

あのね、私が間違ってた。

あれは普通の人が泰然とできるものじゃない。

菩薩様だね。もしくは、肝っ玉かあちゃん。

人間界を超越して慈悲の心を授かった者か全てを抱擁する強い母だけができるものだよ。

 

最初に対面する時にさ、めちゃめちゃびびってそ~って指を入れてそ~って指でなでなでしたの。

10秒くらいかけてさ。

でなんか緊張しながら赤ちゃんの顔を見たの。

そしたら目の前でちっちゃな、ちっちゃな生物がすぴーすぴー寝言たてて気持ちよさそうにしているの。

同じ過ちは2度繰り返さないのが私よ。

だから堂々と触り続けたさ。

えぇ、そりゃもうなでなでしまくりですよ。

だって、親ですもん。

全てを忘れて必死で触り続けたよ。

 

出産時に待合室で「おめでとうございます。産まれましたよ。」と看護師さんに呼ばれた時に、「いや~、2人目ですからかね。なんかたんたんとしていてまだ喜びとか湧かないですよ。」なんて強がったこととか、予定よりもちょっと早かったのでちょっと小さめとなり、しばらくはGCU室に入ってしまうこととか色々忘れてね。

 

そしたらエライ事になった。

もうすごい涙、涙、涙。

ただただ涙。

なんだこの涙は、アラフォーに突入すると涙もろくなるのか?

新しい生命が誕生したという目の前の奇跡にただただ泣いている。

必死で生きているんだよな。

あと2年早ければ父に会わせられたな、とか、この子がまた刺激になって母が少しでも改善してくれたらな、とか色々こみ上げてくる。

父にも母にも連絡できないけれど、兄弟を産み育ててくれた2人のことが自然と思い浮かんできた。

 

それで気がついたらメガネが涙でくもりまくりなの。

 

「赤ちゃんの部屋はやっぱりちょっと温かいのかな。外の部屋との気温差でメガネがくもってしかたないよ。」

 

なんて誰も聞いてないし、関心もないのに一人でブツブツ言いながらメガネを外して涙をぬぐっているの。

ホント私ってダメ人間。

 

2人続けての破水→陣痛促進剤からの出産に耐えてくれた妻に感謝。

まだ4歳でもう少し甘えたいのに、お兄ちゃんになるんだ!とつぶやきながら涙をこらえて出産を優先させてくれたナツオに感謝。

その他、弟、親戚、職場等々、今回も感謝感謝の2日間であった。

本当に色々な人に支えられて命って続いていくんだな。