Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017.09.01より二回目の育休取得中。育児ブログです。

秋の写真撮影会@祖師谷公園。

一度参加して以来すっかり妻がファンとなっている、

祖師谷公園での写真撮影会。

我が家からだと電車で1時間弱の距離なのだが今回もふるって参加。

今回で3回目?4回目?となりすっかり常連さん。

こまめに妻がブログをチェックしており、

開示情報が入り次第に最優先で予定を入れてくる。

 

↓この企画の詳細はこちら↓ 超おススメです。

 

祖師谷公園は駅からちょっと歩くが散歩の範囲内だし、

公園はとても大きく、芝生あり、遊具あり、川ありで

ちょっとしたピクニックに程よい。

 


f:id:iqo720:20161210103855j:image

 

今回は秋だったので落ち葉がとてもきれい。

芝生ゾーンがとても大きく広いので到着早々テンションマックスのナツオ。

一目散に駆けだし、お弁当の場所を探し出す。

選んだのは一面の落ち葉ゾーン。

ふかふかの落ち葉の上にビニールシートを広げてお弁当タイム。

おにぎりにソーセージにみかんにりんごにと清く健全なお弁当。

食後は公園内を走り回っての鬼ごっこ。

 

いいぞ、ナツオ。

テンションがあがってきているな!

 

なぜにナツオのテンションをあげようとするかというと、

前回は写真撮影が始まった途端にテンションがだだ下がりで、

ぐだぐだにもほどがあるほどのぐだぐだ具合であったから。

 

私の「写真なんていやいや撮らなくても!」

         対

妻の「せっかくリーズナブルにプロにお願いできるんだから!」

のスタンスの違いで毎回もめているのだが、案の定今回も写真撮影会が始まった途端にぐだぐだしだす。

 

30分5,000円の開始!とともにカメラを嫌がりだすナツオ。

絶対に正面を見ない。

しかもあわよくば逃げ出そうとする。

必死で機嫌を取ろうとする妻。

苦笑しながらもシャッターチャンスを逃すまいとするカメラマン。

それを冷めた目で見る私。

ザ・シュール。

 

3人並んでの記念撮影もなかなか決まらない。

正面を向いてくれないから。

 

「僕、カメラ嫌いになってきちゃったよ。」

 

を繰り返しては私の胸に顔をうずめてくる。

結局、妻から禁断の一言が。

 

「正面見ていい写真取れたらお菓子買ってあげるよ。」

 

その言葉、待ってました!と言わんばかりに正面を見るナツオ。

見事に子どもに主導権を握られている。

 

ただし正面を向いてくれたのはほんの数分。

すぐにまた嫌がり更なる対価を求めてくる。

 

しかたない。

記念撮影は諦めて自然なフォトをお願いすることに。

ナツオと一緒にシャボン玉をしたり、広場で駆けまわったり。

あっという間に30分終了。

 

不完全燃焼の妻であったがしかたがない。

 

しかし、先日届いた写真を見るとどこにこんな瞬間が!

と叫びたくなるようなベストショットがたくさん。

さすがプロ!

妻は更にファンになっている模様。

あれだけいやいやしていたナツオも写真を見て満足している。

結果オーライ。

 

次は桜の季節に同じことを繰り返しているんだろうな。