Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017年9月より二回目の育休中。育児ブログです。

ジュウオウランドへお出かけ。

友人に誘われてジュウオウランドへお出かけ。
子連れで友人と会う時にはセンスが問われる。
ゆっくりお茶できれば最高だがそこはナツオ達が許さない。
そんな中で友人が提案してくれたのが、

ジュウオウランド → ファミレス → 公園

という大人も子ども満足コース。
さすが、できる人は違う。

子どもを適度に遊ばせてからお茶して最後に公園でまた遊ばせるプランとのこと。
完璧だ。

ジュウオウランド、540円/30分、しかも大人も!
なのでナツオと2人だと30分で1,080円。
冷静に考えるとなかなか強気なお値段。
東京ドームという場所柄、ジュウオウジャーの版権がからんでくるのでいたしかたなしか。

冷静に考えれば高いのにそんなに高く感じないのは、
ジュウオウランドの近くにもっと高いアソボーノがあるからか。
あちらの方が930円/60分、と最低でも2,000円近くかかるので、
ジュウオウランドが安く見えてくる。
なかなかよく練られた価格戦略だ。

ただ、お値段かかるだけはあってジュウオウランド内の施設は程よく立派。
遊具施設も充実しているし、施設のお兄さん、お姉さんが多いので安心できる。

中はエアーハウスエリア、ジャングルジムみたいなエリア、おもちゃコーナーとわかれている。
体を動かすもよし、おもちゃで遊ぶもよし。
土曜の昼過ぎにいったが待ち時間がほとんどなく、
30分でおもいっきり遊び倒すと思えば悪くはない。


とナツオの中ではあまり親しみがないジュウオウジャーではあったが、
これだけたっぷりジュウオウジャーで溢れていたらテンションがあがるみたい。
特撮系のおもちゃは我が家にはないのでジュウオウジャーのおもちゃに目を輝かせている。

親としてはおもいっきり体を動かして欲しいのだが、子どもにとってはおもちゃの方がいいみたい。

30分というちょっと物足りないくらいの短さがまたちょうどよかった。

価格設定、中の設備配置、なかなか子ども施設の運営もなかなか奥が深い。