Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。2017.09.01より二回目の育休取得中。

異文化コミュニケーション。

ナツオの異文化コミュニケーション。

withオーストラリア人。

義父の友人のオーストラリア人がただいま我が家に滞在中。

これは絶好の異文化コミュニケーションタイム。

せっかくなのでふれ合いを楽しませたい。

義父の友人だけあり、

喜寿を迎えたおばあちゃん。

知らない人だからか、外国人だからか、

やはり緊張気味のナツオ。

食事中もなかなか目を合わせようとしない。

お土産もたくさんくれたし、

たくさんお話もしてくれているのにひたすら緊張している。

私の隣を動こうとしない。

素っ気ない態度にこちらが申し訳なくなってくる。

しかし、そんなナツオも所詮は食欲のかたまり。

翌日は日本が誇るYAKITORI&KAMAMESHIのお店へ。

これまた別の義父の友人も交えての食事会。

ちょっと遅くなったがナツオの誕生日パーティーを兼ねている。

さすがはナツオ。

とにかく食べる。

インド人ならず、オーストラリア人もびっくり。

腹が膨れればご機嫌にもなる。

打って変わってよくしゃべるナツオ。

目の前の品物を見てはいちいち質問をしていく。

「これはえーびーしーでなんて言うの?あれは?

 (英語でなんていうの?)」

大変なのはこちら。

トマトやきゅうりは見た目でわかるからまだいい。

しかし、焼き鳥や釜飯は難しい。

なぜなら、一度私が説明しなくてはならないから。

私がいちど英語でエリザベスに説明し、それがナツオに流れていく。

正直、エリザベスを経由にしないで、私とナツオでやりとりすればいいのだが、

それでは周りの空気が許さない。

訳したものがそしゃくされてナツオに流れていく。

まあ、ナツオが交流しているのだからそれが一番。