Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目、2017.09.01より二回目の育休取得中。育児ブログです。

ランドはランドでも京王レールランドデビュー。

ナツオのお出かけ先も尽きつつあり、

しかも屋外は危険を伴ってくる季節到来。

屋内の施設を中心にお出かけ先を探している中で、

避けては通れない施設が出てきた。

評判高き「京王レールランド」。

ただし、小田急派としては京王線は敵。

井の頭線なんていうおしゃれな沿線を勝手に敵視してきた。

しかし、実際に行って感動。

さすがは京王電鉄

やるな。

とにもかくにも、コスパが絶妙。

3歳時以上は一律250円。

そして、中の施設も100円か300円で楽しめる。

ナツオは5分100円の鉄道模型の運転と、

一周100円のミニトレインへの乗車を楽しんだ。

どちらも正直言ってたいしたことない。

施設によっては無料だろ!ってなもの。

しかし、利用料をとることによって、

秩序が保たれている気がする。

大きくない施設なので遊ぶスペースは限られている。

そんな中で無料ばかりになるとカオスになってしまうだろう。

そこで形ばかりの100円をとることでバランスを取っている、気がする。

子どもの医療費は無料であるべきか否かなんてところまで想像力が飛躍する。

もちろん、入園料だけでも十分遊べる。

実物の車両にたくさん乗れるし、

ミニバスに乗っての運転手さん体験、

扉の開け閉めとマイクを使っての車掌さん体験、

ユニフォームを借りてのコスプレ体験、

と写真スポットもたくさんあってなかなか楽しめる。

半日近くは十分遊べる。

ただ、この施設ありきだとがっかりの可能性も高いので、

目の前の多摩動物公園とセットでちょうどいいのだろうか。

250円はやはり250円である。

スタバのコーヒーを基準にして考えると、

2時間が妥当だろうか。

ただ、鉄道好きならば行く価値はある。

朝一で多摩動物公園行って、

15時くらいに親の休憩も兼ねて行くのがベストな選択。

小田急も本気出せばこれくらいの施設作れるだろう。

小田急の本気を是非見せてくれ!

多摩線沿線ならばたくさん土地あるんじゃないか。