Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。2017.09.01より二回目の育休取得中。

聖氏とのご対面。

お下品かもしれないが、

あまりにも衝撃的だったので書かせていただきます。

自分の聖氏とのご対面を。

相変わらず大人気のクリニック。

予約して訪れるもまたしても3時間待ち。

10時30分受付して終わったのが13時45分。

相変わらず繁盛してらっしゃる。

さて、今回は私の検査。

持参か当日採取か事前に聞かれていたが、

迷わず当日採取を選択肢。

だって、どんなところに案内されるのか興味があったから。

そしてお待ちかねの採取室へ。

なかなか見る機会がないだろうと思われるので、

記念撮影してみる。

きっと誰もが気になっているはず。

こんな感じでした。

クリニックによっては、

アダルティなDVDが設置されているところもあるらしいが、

こちらは左のラックに本が数冊。

って、この時代にエロ本!

スマホでも動画が見られる時代なのに、

アナログすぎる本ですよ。

エロ本見るなんて中学生以来な気がする。

むしろ、まだエロ本ってあったのね。

ただでさえそんな気分になれない状況だというのに、

ますますそんな気分になれなくなる。

自慰とはまさにこのこと。

そんなこんなで採取し、

恥ずかしさに包まれながら受付へ提出。

提出用の木のカゴがかわいらしくて余計に恥ずかしくなる。

受付にいるのが年頃の娘さんじゃなくて、

百戦錬磨のおばちゃんならば

こちらも気前よく、

「あいよ!新鮮なの入れておいたから。

なんて軽口叩きながら渡せるのに。

採取してから雑誌2冊読み終わる頃にようやくご対面の時がやってくる。

先生に呼ばれてお部屋へ。

ご丁寧に顕微鏡をテレビにつないでくれる。

そして画面に映されたのがたくさんの、

それはそれはたくさんの聖氏。

保健の教科書で見たあれ。

オタマジャクシがびっしりと元気に動きまわっている。

正直、感動した。

ザ・いのち!って感じ。

衝撃的であったが見れてよかった。

生きているということを強く感じた。

命の奇跡、生命の神秘。

陳腐だがそんな言葉がぴったり。

尚、気になる診断結果は異常なし!

これでお互いに障害はなしということが判明。

次なるステージへ。