Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017年9月より二回目の育休中。育児ブログです。

キンコンカーン、骨が焼き上がりました。

子どもの発想は時に想像を絶する。

寒いので週末は家遊び。

おもちゃばこをひっくり返して遊び倒す。

その中から出てきたのはおもちゃの鉄琴。

無造作に遊ばせていると、

キンコンカーンと叩き出す。

それ、何の音?

と無邪気に訪ねると、

全くかわいくない回答。

「じーちゃんが焼けました。

 骨になってしまいました。

 の音。」

???

!!!

一瞬わけがわからなかったがすぐに思い出す。

確かに、父の火葬場ではそんな音が鳴っていた。

火葬場が混んでいたこともあり、

数分おきにチャイムが鳴り、

火葬終了のアナウンスが響いていた。

しかし、そんなこと今日まで全く忘れていた。

子どもの記憶力はすごい。

これからナツオはどこかでチャイムの音色を聴くたびに、

「じーちゃんが骨になった音だ!」

と反応するのだろうか。

かわいそうに。

だが、そのたびに思い出してもらえるならば、

父も墓場の陰で喜ぶだろう。