Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017.09.01より二回目の育休取得中。育児ブログです。

余命1ヶ月の父親2。

余命1ヶ月の覚悟を求められているものの、

意外と元気な父。

通話意外ならばスマホOKらしく、

LINE使っていろいろと連絡している。

驚いたのは自らHuluに契約していたこと。

病院生活満喫する気じゃないか。

はっきりとした余命は本人には伝えられていないものの、

治療不可で末期ということは知らされている。

そのために後々のことについては細かく伝えてくる。

まともに会話する機会などなかっただけに、どことなく新鮮。

会話やLINEでのやりとりを見ていると、

病人とは思えない。

ただ、それもこれも痛み止めとして使用している麻薬のおかげらしい。

ところどころに気弱な表情を見せるが、

ナツオに対してだけはイキイキとした表情をしてくれる。

ナツオは何もわからずに、

「イタイイタイ?でもね、びょーいんでチクッとすればだいじょーぶなんだよ。」

なんて言っている。

ドラマならばここで、父やら我々が嗚咽しそうだが、

そんなしんみりすることなく、

ただただ笑うだけ。

幸いにも間もなくシルバーウィーク。

動きやすくなってくる。

祖母を連れて行ったり、

母を連れて行ったりと忙しくなりそう。