Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017年9月より二回目の育休中。育児ブログです。

香川旅行を振り返って。

社食でうどんを食べるたびにあの味が食感がよみがえってくる。

それくらいに体に刻み込まれたうどんの旅。

きっかけはちびまる子ちゃんであったが、とても楽しい旅行であった。

ナツオが日に日に成長しており、

いちいちリアクションしてくれるのでお出かけがいがある。

ナツオのリアクションが楽しみで、

いろいろと食べさせたくなるし、

いろいろと見せたくなる。

うまそうにうどんを食べたり、

鬼の置物には大泣きしたり。

今までに味わったことのない旅行の楽しみ方。

ナツオフィルターで見る景色はとても新鮮。

両親が旅行好きな影響でイクオも旅行好きになったが、

実は旅行好きなのではなく、

旅行中のイクオ兄弟の反応を見るのが好きだったのたろうか。

ナツオのリアクションを見ているとそんな気がしてくる。

しかし、仮説を母にぶつけられないのがちょっと悲しい。

某経済誌を読んでいたら、

「幼い頃にお出かけしても、子どもは覚えていないもの。

無理して旅行するよりも貯蓄にまわしましょう。」

といった主旨の記事があったが違和感を覚えた。

子どもは覚えていなくても、

子どもの反応を親は覚えている。

そして、それが楽しいからこそお出かけするもの。

無謀なことはしないが多少無理してでも

これからもお出かけし続けたい。