Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017年9月より二回目の育休中。育児ブログです。

ごちそうざんまい。

週末は弟夫婦の家に遊びに行った。

電車で約1時間。

某お洒落タウンにたたずむ場違いな男2人。

お洒落マダムが多いと聞いていたが、

下りた瞬間に明らかにお洒落すぎるファミリーがごろごろ。

明らかに高そうなベビーカーがびゅんびゅん。

いきなり帰りたくなる。

そんな恥じらいを抱きながら、

大切なナツオを抱っこひもで抱えながら弟宅へ。

弟夫婦、義妹の兄、イクオ、ナツオの賑やかな5人。

義妹の兄は同い年ということもあり、

そう頻繁ではないが5人で年に1回くらいは飲んでいる気がする。

そしてこの会の楽しみは弟のもてなし料理。

大学時代の居酒屋アルバイトで料理に目覚め、

趣味で調理師免許を取得するくらいの料理好き。

(本業はサラリーマン)

今回の料理は、

大根と葉わさびのサラダ、紅茶豚、野菜グラタン、土鍋で炊いた蟹と生姜の炊き込みご飯。

思い出しただけでよだれが出てくる。

しかも、全てナツオ用に味付けや食材をわけて作成してくれている。

家で少しご飯を食べてきたナツオ。

しかし、目の前でご馳走があるのにお腹がすかないわけがない。

ものすごい勢いで食べ始める。

「おいちぃ。おいちぃ。もっと。もっと。」

とひたすら言っては食べ、言っては食べ。

そんな様子に弟も満足気。

場も和む。

ここまで手の込んだものはハードル高いが、

こんなにも満足気なナツオの顔を見てしまうと、

イクオも料理してみるか、って気になってしまう。

少しはやってみるか。