Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。2017.09.01より二回目の育休取得中。

だるまさんの魅力、魔力。

年間100冊ペースで本を読むイクオにも理解できない、絵本の世界。

どうしてこれが?と思わずにはいられない絵本が

大ベストセラーとなって版を重ねている。

小さい頃に読んだ本がいまだ現役であることもざら。

どうしても納得できない。

娯楽の少なかった昔ならいざ知らず。

このスマホ全盛期である今になってもなぜに人気があるのだろう。

ナツオが本棚から持ってくるので一緒にめくってみるのだが、

ストーリー展開なんてないようなもの。

なのに第23刷とかなっているからわからない。

そんな絵本の世界にナツオがさっそく惹きこまれていて驚いた。

お風呂上がりに絵本を引っ張ってきて、ひざの上にちょこん。

つまり、読めということ。

ナツオがもってきた絵本は「だるまさんが」という絵本。

だ・る・ま・さ・ん・が…

どうしたこーしたという内容の本。

ストーリに展開もオチもないので

いつも謎に思う絵本の一つ。

しかし、今日は風呂上がりで気分もゆったりしていたので、

本にあわせて声に出して読み聞かせてみる。

だ・る・ま・さ・ん・が…

ドテっ

というと、首をかしげるナツオ。

まさか?

と思い、もう一度「ドテっ」というと絵本のだるまと同じように首をかしげる。

そして、だ・る・ま・さ・ん・が…

「ニコっ」

というと、

両手の人差し指をほっぺにあてて「ニコっ」と笑顔。

キュン死。

どうしよう。

もないくらいにかわいすぎる。

妻に聞くと保育園ではやっているらしく、保育園でも毎日一緒にやっているらしい。

ドテっとニコっのポーズはそこで覚えてきたらしい。

こりゃかわいすぎる。

こんなのを保育園でやっているのを知ったら、

家で買ってしまうのも納得。

絵本の世界は奥が深い。