Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017年9月より二回目の育休中。育児ブログです。

じたんとるいたんじ。

漢字にすると「時短取る異端児」。

歌にすると、

「Yo Yo 俺は時短取る異端児。

 イクジなしにゃあできねぇ育児。

 敷くぜレール、贈れエール、行くぜどこまでも。」

と言った馬鹿話はともかくとして、

復帰どうするか問題、慣らし保育どうするか問題を経て、

最大の課題。

「復帰後保育園どうするか問題」について真剣に考える。

基本的には、

送り→イクオ

迎え→妻

発熱等緊急時→その時に可能な方

なのだが、緊急時に動きやすい環境を整える為に、

職場に「時短」を申請。

4月からは育休野郎から時短野郎へ。

時短申請については仕事のことを考えると

大いに悩んだがここまできたらこの道で行くしかないかなと決断。

会社の先輩、最近できはじめたママ友に相談しまくり。

幸いにも勤務先の時短の特徴は「毎日」と「都度」があるということ。

「毎日」はよくある、就業時間を送迎の為に1時間短く。

「都度」は時短申請の権利を取得し、必要に応じて使用。

時短取得により想定される長所・短所は、

【長所】

・権利として1時間早く帰れるので、夕方のお呼ばれに対応しやすくなる。

・半日有給+残業扱いよりかは会社も楽(残業が発生しない)。

・「都度」なので何もなければ通常勤務とかわらない。

【短所】

・使うたびに時短分だけ給料が減る。

・「時短」を使われると職場が大変なので大きな仕事は任されにくい。

 →海外僻地か国内過疎地か倉庫番への復帰?

男性の育休は1人前例がいたが、時短取得は初めてなので、

人事も戸惑っている様子。

もちろん、人事との相談の上なのでもめることはないだろうが…。

どうなる?イクオ。