Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017年9月より二回目の育休中。育児ブログです。

ベビースイミング、5回目。

月曜恒例のベビースイミング

5回目ともなると確実に成長を実感する。

ナツオよりも、こちらの。

スイミング後はあきらかに疲れて

腕は張るし、足は棒になるし、全身がだるかったのに

今じゃすっかり健康そのもの。

まだまだ体力つけられるのだと嬉しくなる。

さらに成長したと感じるのが、

スイミング後のお着替え。

スイミング後はあきらかに濡れて

髪はびしゃびしゃだし、水泳用オムツは脱がしにくいし、

手際の悪さで全身に鳥肌が立っていたのに、

今じゃすっかり迅速そのもの。

まだまだ知恵つけられるのだと楽しくなる。

実際、この着替えはくせもの。

スイミング前は家から水着を着せていけば脱がせるだけだが、

スイミング後は疲れて不機嫌だし、時間かけると風邪ひくし、

こちらもびじょびじょだし。

しかも、小さなマットしかないから寝返り打ったら

固いプールサイドor更衣室の固い床へ落ちてしまう。

迅速かつ細心の注意力が問われてしまう。

周りのママさん達にヒアリングを重ね、

仮説と検証を繰り返してようやくつかめてきた。

こんなところからも、

リスクヘッジや前倒しの考えがついてきた気がする。

肝心のナツオのスイミングだが、

まだ「楽しそう」な表情は出てきていないが、

「怖い」といった表情はなくなってきている。

恐怖のすべり台落としや水中パスも、

キョトンとしたまま水の中に投げ入れられて、

直後は大泣きするがその直後だけ。

バタ足を強制的にさせていても

嫌がることはなし。

目標は「プールの中で笑顔」と「水中での自発的な動き」。

あと2回でなんとかそれっぽく近づいて欲しい。