Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012年度に続き、2017年9月より二回目の育休中。育児ブログです。

ベビースイミング、3回目。

月曜日恒例のベビースイミング

気がつけばもう3回目。

女の子のお古をいただいた為に全身女の子仕様のナツオ

そして唯一の男性のイクオ。

なので、早くも先生に名前を覚えてもらう。

毎回、「女の子みたいなナツオくん、こんにちは。」

と言われるのでちょっと恥ずかしい。

自我が目覚めてしまうから、わざわざ強調しないでおくれ。

まだ3回目、もう3回目。

何も知らずに終わった1回目と

恐怖に怯えた2回目を経て今日は強い子だったナツオ。

水の中で激しく揺らしても問題なし。

(はたから見るとびっくりするくらいに揺らすのがココの作法)

体を支えながらのバタ足、背泳ぎもそつなくこなす。

それぞれ、頭を肩に乗せ、ひざを支えて足を動かすというもの。

ほぼ水平状態であり、

頭がちょっとでも肩からずれると頭から落ちていくという、

危険なココ流ベビースイミング

(アームヘルパーは着けています)

元気な強い子に育ったナツオ。

今日はずいぶんご機嫌。

恐怖のスベリ台、水中パスにも挑戦。

前回は先生に渡しただけで泣いていたが、

今日はきょとんとしたまま。

どちらも先生から3mくらい離れて、

先生がマットスベリ台から落とす、

水中でスーッと投げる、もの。

7カ月でプクプクのナツオ。

頭が沈んでお尻が浮かんでいる状態。

笑いたいところだが、

ナツオの心中を察するとそんなこともできずに必死で受け止める。

たぶん、大人でも何もしらないまま落とされたり、

水中をおらーって押されたら泣くと思う。

想像に反して半べそ程度のナツオ。

涙は浮かべても声は押し殺している。

よくがんばった!

ちょっとだけ成長を感じた、

親ばかなイクオ。

さあ、次回はどうなる。